2016年3月16日水曜日

理想の競技者像を伝える

コーチは、子どもたちに、理想の選手像を示し、同時に、自らはどうありたいのかを話す必要があると思います。

また、チームはどこを目指しているのか、競技はどうあってほしいか、これらも詳しく伝える必要があります。

フラッグフットボールは、楕円球やフラッグといった、ふだんから見なれていない用具を使う競技ということもあってか、子どもたちの関心を引きやすい反面、遊びとの境目がなくなりがちだと感じています。

理想像を言葉だけで伝えるのは容易ではありませんが、これまで様々な仕掛けをしてきました。チームのノウハウ。

フラッグフットボールやアメリカンフットボールの映像を効果的に見せたり、実際に良いプレーヤーと会わせるなど、小さな仕掛けを考え続けました。

そのためには、失敗と成功を繰り返しながら、取り組んだことがあります。

所謂、企業秘密。

0 件のコメント:

コメントを投稿