2016年3月13日日曜日

スーパー・プレーを見せないと、伸ばせない。


チームが、競技集団なのか、レクリエーションの集まりなのか。これらの違いをきちん示すことが指導者側に求められていると思います。

子どもたち、保護者、そして指導者は、これらをきちんと理解したうえで、集団を作り上げる力を持たなければ、方向性や軸を失いかねません。

最高峰の小学生フラッグフットボール選手が持つ、高い技術力、真剣な眼差し、スピードとクイックネス、迫力や放つオーラ。
これまでチームが歩んできた年月において、これらに気づいた子、そうなりたい子だけが、こちらを追いかけてきました。

子ども一人ひとりの成長や発達を理解する立場であると同時に、トップを目指す子たちの「トップなるチャンス」そして「トップになりたい気持ち」を失わせてはいけないと考えています。

小学生の低学年にはフットボールを楽しむ機会を提供する。
高学年ではトップを目指す硬派な仲間を尊重する。
今のチームづくりの理想としています。

0 件のコメント:

コメントを投稿